新着記事

2009年06月18日

KIDの対戦相手 チョン・ジェヒ(Jae hee Cheon)


    FieLDS
  • K-1 WORLD MAX 2009

  • World Championship Tournament FINAL 8

  • 2009年07月13日(月) 日本武道館

  • Jae hee Cheon.gif


つづきも読んでネ
posted by DJ格闘放送室 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(1) | MAX NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

2007年10月06日

アンディ・サワー【Jumpstyle My Style】優勝記念

にほんブログ村 人気ブログランキング
Jumpstyle My Style


真ん中をクリック 音出ます!
おめでとうサワー君は強かったボリューム大でどうぞ!

今日の人気格闘ブログランキング
格闘放送室、つづいては、、
posted by DJ格闘放送室 at 18:39| Comment(1) | TrackBack(0) | MAX NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

ブアカーオ・ポー.プラムック【2BACKKA】



KARMA / 2 BACKKA
ブアカーオが使用している入場曲 彼等のアルバムを紹介
2BACKKA OFFICIAL WebSite:http://www.2backka.com/
2BACKKA DIARY:http://blog.goo.ne.jp/tobackka

1999年、2BACKKA結成
わずか半年で都内のクラブにおいて月間最高18本のライブをこなし、クラブシーンで絶大な支持
2000年のMILI&B-BANDJ(瘋癲)のツアーのオープニングアクトや海外アーティストELITE FORCE(TERRY、BOBBY)やFUNKY DLの全国ツアーをはじめ、04年に行われた“BENNIE K〜Synchronicity〜”LIVETOURでは全会場オープニングアクトとして参加。またSOUL'd OUT、BENNIE KやSOFFetが出演した“Rhyme Right” にも参加し、名実ともに実力派グループ










posted by DJ格闘放送室 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | MAX NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

MAXなBLOGたち【格闘家BLOG&HP】



FEG:http://www.so-net.ne.jp/feg/
エステティックTBC:http://www.tbc.co.jp/
K-1 WORLD MAX 2006 〜世界王者対抗戦〜
2006年9月4日(月) 有明コロシアム

・アンディ・サワー
・小比類巻貴之:http://kohi.jp/ DIARY
・アルバート・クラウス:http://www.albert-kraus.com/
・佐藤嘉洋:http://sato-kick.cocolog-nifty.com/message/ BLOG
・ヴァージル・カラコダ
・前田宏行 Wikipedia
・須藤元気:http://www.genkisudo.com/jp/diary/
・イアン・シャファー
・ドラゴ
・寒川直喜:http://blog.livedoor.jp/somebange/
・ブアカーオ・ポー・プラムック:http://www.buakaw.net/ HP
・宍戸大樹:http://www.shootboxing.org/ 団体HP
・ファリッド・キダー
・山本優弥:http://www.aj-kick.com/ 団体HP
・アルトゥール・キシェンコ
・HAYATΦ
・安廣一哉:http://www.coccole.tv/yasuhiro/
・アンディ・オロゴン:http://www.bobbyologun.com/ Bオロゴン.com
・マイク・ザンビディス:http://www.ironmikezambidis.com/
・TATSUJI
・SHINOBU・ツグト・アマラ:http://geocities.yahoo.co.jp/gl/tso_swan
・ジョーダン・タイ
・サトルヴァシコバ
・タカオサミツ:http://iharadojo.sblo.jp/ 道場BLOG


情報満載!!人気ブログランキング 格闘技ブログ
長野市でリフォームのご相談は ココから

激レアレゲェCDなら ついに楽天に登場
posted by DJ格闘放送室 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | MAX NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

K-1 WORLD MAX 2006〜世界王者対抗戦




昨日のMAX、テレビ観戦

アンディ・サワーVS小比類巻選手
1Rの勢いが急に失速。サワーのラッシュ力、畳掛けは
凄いんだけど、なぜに?
試合前、攻め続けるのはイージーだというコメントとは裏腹に
ディフェンシブな戦いに

魔裟斗選手のコメント
「きょうのメンバーが世界王者になるのは無理。この差は努力で埋まるものではない」
「やるならオレしかいない。準備ができたらブアカーオとやりたい」

言われても仕方ないか??

佐藤嘉洋VSクラウス戦
これが俺の戦い方だと言ってしまえば、そうなのだが、
実力もある、強い
だけど、地味

須藤元気選手
須藤元気選手にとってMAXが今、どんな位置づけにあるかが
問われたような試合に
事前情報では、ボクシング技術の向上に自信を表している
ようだったが、、、、、、
小比類巻選手といい、公開練習の情報はあてにならない
対戦相手を欺いてもファンは欺いて欲しくない思い

魔裟斗選手の発言は重い
大晦日の復活は回避する模様、運気の上がる2月5日以降とか

しかし、K-1は外国人でカード編成していける強みがある
PRIDEは何かと日本人を煽るが、無理を感じる部分も

今回のように日本人VS という構図は無理だったのかも

注目の選手
元日本3階級王者 前田選手
ボビーオロゴンの弟 アンディ・オロゴン選手

posted by DJ格闘放送室 at 07:39| Comment(0) | TrackBack(3) | MAX NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

宍戸大樹【SB日本ウェルター 級チャンピオン】



宍戸 大樹
所属 シーザージム
生年月日 1977年03月16日
身長/体重 174 cm/67.0 kg



シュートボクシングを始めたきっかけは
格闘技が好きだった高校時代に見た一枚の写真が、凄くかっこよかったんです。いろいろな専門雑誌をパラパラと見ていましたが、その中の雑誌に掲載されていたアッパーカットを繰り出す瞬間の写真を見て、この人は誰なんだ、と思ったのがきっかけです。その人は当時のシュートボクシングのエースで、吉鷹弘さん(元JSBAホーク級王者)でした。詳しく調べてみて、シュートボクシングは凄い競技だと思うようになりました






長野県 長野市の保険代理店 AIU代理店
AIU長野市の保険代理店海外旅行保険「旅上手・個人型」をご案内します。 ご旅行先での「疾病」や「おけが」の補償はもちろん、現地での「賠償責任」や「携行品補償」、「手荷物遅延」や「航空機遅延」などが基本付帯します。従来商品に比較して手厚い補償と低廉な保険料であなたの旅を安心サポートします留学生保険もご用意!

posted by DJ格闘放送室 at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | MAX NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

K-1 WORLD MAX 2006 〜世界王者対抗戦〜



FEG:http://www.so-net.ne.jp/feg/
エステティックTBC K-1 WORLD MAX 2006 〜世界王者対抗戦〜
2006年9月4日(月) 有明コロシアム

アンディ・サワー(MAX '05 世界大会優勝者)
小比類巻貴之(MAX '04 '05 日本大会優勝者)
小比類巻貴之 KOHI 1st ポスター

 


アルバート・クラウス(MAX'02 世界大会優勝者)
佐藤嘉洋(MAX'06 日本大会優勝者)


Max Fightersポスター アルバート・クラウス 


ブアカーオ・ポー・プラムック(MAX '04 '06 世界大会優勝者)
宍戸大樹(SB日本ウェルター級王座)

イアン・シャファー
須藤元気
Max Fightersポスター 須藤元気


ヴァージル・カラコダ
前田宏行(元プロボクシング日本ライト・Sライト・ウェルター級王者)



安廣一哉
アンディ・オロゴン



ドラゴ
寒川直喜(J-NETWORKミドル級王者)




マイク・ザンビディス
TATSUJI(MAX '06 日本大会準優勝)

HAYATΦ
アルトゥール・キシェンコ

山本優弥
ファリッド・キダー

SHINOBU・ツグト・アマラ
ジョーダン・タイ

サトルヴァシコバ(全日本キック・ライト級1位・前王者)
タカオサミツ(新日本キック・ウェルター級2位)



posted by DJ格闘放送室 at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | MAX NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

前田宏行【パンチで勝負】



前田宏行(まえだ ひろゆき)
階級: スーパーウェルター級
生年月日: 昭和47年2月10日
プロの戦歴: 39戦29勝18KO8敗2分
出身地: 千葉県松戸市 (千葉県立湖北高等学校)
ボクシングスタイル: 右ボクサーファイター
獲得タイトル:1991年プロデビュー
日本ライト級王座 1994年10月
日本スーパーライト級王座 2000年4月
日本ウェルター級王座 2004年4月 三階級制覇


■21世紀の骨のあるヤツ 前田宏行
■TBS「K-1 WORLD MAX 2006 世界王者対抗戦

FEG:http://www.so-net.ne.jp/feg/
エステティックTBC K-1 WORLD MAX 2006 〜世界王者対抗戦〜
2006年9月4日(月) 有明コロシアム

対戦相手 ヴァージル・カラコダ選手 PROFILE


一つの競技で実績を上げ、後に異競技に転向
実績を積み重ねるためには相応の時間を必要とするから
転向=晩年、下り坂
さほど実績を残せずフェイドアウトしていくパターン

これはその場のビジネス的には成立しても、継続性のある
ものではない

PRIDEも同様、業界内の上位下位の概念は必要かと
ステップアップした先にあるステージ

しかし、FEGのイベントは顕著だが、テレビコンテンツとし
ての性格が強く、その場、その日、視聴率を意識している
ようなので、今回参戦するボクシング日本タイトル三階級
の王者である前田宏行選手にとっても、今回のイベントで
の試合+MAXの今後は、ファンであれば期待したいのだが。

単純にK-1に出たいと志を持った若者が何からはじめるのか?
何が最短距離か?!
総合のジムに入門しハードヒッティングの打撃型選手を目指
して、K-1参戦をアピールし続ける
キックボクシングからはじめる
肉体派タレントから入る

当然、それぞれの業界において注目に値する結果を残して
からの話ではあるけれど、ボクシングの日本王者であれば
実績を考慮してしかるべきだとも思う

出ては消えの繰り返しの中、残っているのはベテラン勢と
なると、それ以上の選手がいないのか、彼等が強いのか

しばらく鞘におさめていたんだけど、PRIDEでいうナンバー
シリーズ同様、GP以外の継続性、見続ける要素が大事では
ないかと、全くの私見ですが


広告
女性誌、女性に注目のレディーズプエラリア99%


長野県ホテル 長野市のホテル予約なら

posted by DJ格闘放送室 at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | MAX NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

石井宏樹【残念】



FEG:http://www.so-net.ne.jp/feg/
エステティックTBC K-1 WORLD MAX 2006 〜世界王者対抗戦〜
2006年9月4日(月) 有明コロシアム

しかし、参戦が決まり石井選手のファイトにスポットライトが
注がれることを楽しみにしていたのだが、ここに来て

シャファーと対戦予定だった新日本キック・ライト級王者の石井宏樹は、MAXの70kg契約での試合出場が困難で、契約体重変更を申し出たが受け入れられず、出場を見送った

日本ライト級王者・石井宏樹 プロフィール

当然、彼はライト級の選手であるのだけれど、参戦が決定する
までの経緯の中でクリアできた話なのでは
残念で仕方ない



そんな鬱憤を晴らしてくれるのが
ビックユニットのこの二人、チャゲ&飛鳥を凌ぐ、歌うは、
Those days

ダイナマイト四国を眺めながら6分18秒目あたりから


最近思う訳です
格闘家の引退、それも人気選手になった後の引退

引退を思い浮かべれば何人かの選手が思い浮かぶ
高坂剛選手が一つの道を示した

反面、現役にこだわる選手もいる
現役生活はそう長くないと言いつつ10年選手は少なくない
稼げる年数は少ないというのが適当か?

個人のジムを設立する選手が増えてきた
リタイア後の道を堅実に考えている選手も増えてきた

せっかくファンに熱や勇気を与えられた選手なの
だから、周囲、スタッフについては保身ではなく
責任ある決断を





タグ:石井宏樹
posted by DJ格闘放送室 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | MAX NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

魔裟斗【無念】



エステティックTBC K-1 WORLD MAX 2006 世界一決定トーナメント決勝戦
“強すぎた”ブアカーオが王者返り咲き

佐藤選手とブアカーオ選手との力の差があれだけ開いている
とは、正直驚いた

○ブアカーオ・ポー.プラムック
2R 0分18秒 KO
●佐藤 嘉洋

クラウス選手にとって初優勝以来モチベーションをどこに
おいてきたのか、昇り調子のドラゴ選手の勢いが勝った

●アルバート・クラウス
判定0-3
○ドラゴ

小比類巻選手も決して無駄な時間は過ごしていなかった
ことを示した試合内容、ダウンまでの展開は五分
魔裟斗選手も決して前蹴りを正面で受けずに流していた
のは、さすがだが、あの前蹴りは武器だな

○魔裟斗
判定3-0
●小比類巻貴之

サワー選手の強さ、巧さが評価したい一戦
魔裟斗選手も小比類巻戦でのダメージが影響して
しまったかという展開だけれど、トーナメント戦の
怖さだなぁ
しかし、魔裟斗選手は無念だ

●魔娑斗
判定0-3
○アンディ・サワー

今大会は安定した強さでブアカーオ選手が見事優勝
前年優勝のサワー選手も見事だった
全体的に判定の多い大会ではあったが実力拮抗の
好試合の連続だったと思います

決勝
●アンディ・サワー
2R 2分13秒 KO
○ブアカーオ・ポー.プラムック

全試合結果はこちら



武田、いいところなく完敗

テレビ観戦だけに詳細はわからないが、どうでしょう
彼が言い続けているコメント
「倒すか倒されるか!ローと右」
超合筋よ!ここは真摯に結果を受け止める段階だろう

ここまでくると自分だけではない部分も出てくるだろう
後援者、スポンサー、所属ジム、団体
それらを含めての問題だろうが、とにかく身体が心配だ

Max Fightersフィギュア 武田幸三


posted by DJ格闘放送室 at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | MAX NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

魔裟斗【20%はいきたい】



魔裟斗が王座復活&視聴率20%超え宣言

彼のMAXに対する責任感、これは確固たるモノで彼の
プロ意識と同一線上にMAXもあるのだろう

PRIDEの問題、サップの話題、負の話題が続いた格闘技界
出場選手は申し分ない
魔裟斗のためのMAX、さぁ今夜

決戦のゴングはいよいよ明日!=K-1 MAX前日会見


エステティックTBC K-1 WORLD MAX 2006 世界一決定トーナメント決勝戦
2006年6月30日(金) 横浜アリーナ

トーナメント
魔裟斗(MAX '03 世界大会優勝)
小比類巻貴之(MAX '04 '05 日本大会優勝)




今、注目の検索サイト Ask.jp 魔裟斗の動画無料配信中
Ask0円シアター」キャンペーン!「魔裟斗革命」配信中!

posted by DJ格闘放送室 at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | MAX NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

フェルナンド・カレロス【71.1kg再計量】



色々な意味でプロモーション活動が満足にできているのかは
微妙な線ではあるが、MAX決勝が明日に迫った。

なんだかんだと言われながらもFEGのイベントは、トーナメントに
関してしっかりした流れができていて、海外予選、日本の代表決定
開幕、決勝と半年ほどかけた中での年一回のトーナメント決勝

魔裟斗選手はリミットちょうどの70.0kgで計量パス
トーナメント参加者は前日計量を一発で

その中でも我が超合筋も
そして対戦相手である
フェルナンド・カレロス

見事な再計量、おいおい
超合筋は結果プラス試合内容ともに期待に適った試合を
しなくてはいけないのに


エステティックTBC K-1 WORLD MAX 2006 世界一決定トーナメント決勝戦
2006年6月30日(金) 横浜アリーナ


プロレス・K-1・PRIDEヤミ裏事件簿
プロレス「リングとカネ」―暗黙の掟を破った男たち

立て続けに裏話系のムック本が出ているが、暴露や裏話を
もともと業界で食べていて業界の低迷と共に生業とは言え
正直褒められた方向とは言えない

そこには業界への警告や浄化という意味よりもいやらしい
商魂が垣間見れる

特にリングとカネ、責任転嫁と揚げ足取りで自浄作用のない
業界の縮図のようで、読んでいて気分が悪くなった
手元にあるので、つまり買ってしまったのだが、、、





posted by DJ格闘放送室 at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | MAX NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小比類巻貴之【反論とかはないです】




エステティックTBC K-1 WORLD MAX 2006 世界一決定トーナメント決勝戦
2006年6月30日(金) 横浜アリーナ

トーナメント
魔裟斗(MAX '03 世界大会優勝)
小比類巻貴之(MAX '04 '05 日本大会優勝)

kohi_630max.jpg






posted by DJ格闘放送室 at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | MAX NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

佐藤嘉洋【これだけやって強くなっていないわけがない】




エステティックTBC K-1 WORLD MAX 2006 世界一決定トーナメント決勝戦
2006年6月30日(金) 横浜アリーナ

トーナメント
ブアカーオ・ポー・プラムック(MAX '04 世界大会優勝)
佐藤嘉洋(MAX '06 日本大会優勝)





posted by DJ格闘放送室 at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | MAX NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魔裟斗【彼はオレに勝てない】




エステティックTBC K-1 WORLD MAX 2006 世界一決定トーナメント決勝戦
2006年6月30日(金) 横浜アリーナ

トーナメント
魔裟斗(MAX '03 世界大会優勝)
小比類巻貴之(MAX '04 '05 日本大会優勝)






今、注目の検索サイト Ask.jp 魔裟斗の動画無料配信中
Ask0円シアター」キャンペーン!「魔裟斗革命」配信中!

posted by DJ格闘放送室 at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | MAX NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

K-1 ワールドMAX 2006 〜世界一決定トーナメント決勝戦〜



TBS 当日地上波放送
2006年6月30日 金曜日21:00-22:54


反逆のカリスマ 魔裟斗(MAX '03 世界大会優勝)
ミスターストイック 小比類巻貴之(MAX '04 '05 日本大会優勝)

アンディ・サワー(MAX '05 世界大会優勝)
ヴァージル・カラコダ(南アフリカ/スティーブズジム)

アルバート・クラウス(MAX '02 世界大会優勝)
ドラゴ(アルメニア/チーム・イッツ・ショータイム)

ブアカーオ・ポー・プラムック(MAX '04 世界大会優勝)
佐藤嘉洋(MAX '06 日本大会優勝)

tbs.gif


K-1 OFFICIAL
エステティックTBC K-1 WORLD MAX 2006 世界一決定トーナメント決勝戦
2006年6月30日(金) 横浜アリーナ



posted by DJ格闘放送室 at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | MAX NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

武田幸三【フェルナンド・カレロス】



超合筋、対戦相手決定

決定した全カード

K-1 WORLD MAX 2006 世界一決定トーナメント決勝戦
2006年6月30日(金) 横浜アリーナ

SUPER FIGHT
武田幸三(治政館)
フェルナンド・カレロス(アメリカン ケンポー カラテ アカデミー)

98年の1月に対戦している同名の相手は?偶然?

既にFEGのプロフィール欄に彼の名があるのだが、経歴等
そのままであるならば、経歴的には昨年SBのリングに上がった
片腕のキックボクシング王者・バクスター・ハンビー選手と
似ているのだが、、、

あくまでSUPER FIGHTなので、どこまで詳細がわかるのか。

経歴の一つであるIKF世界スーパーウェルター級チャンピオン
IKFのサイトを見てみると、彼はローキックなしのルールでの
チャンピオンだったのでは?

そうなると超合筋にとっては組し易しか。



広告松本駅前のホテル:ビジネス、出張、観光に
posted by DJ格闘放送室 at 21:12| Comment(5) | TrackBack(0) | MAX NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

須藤信充【自信】



決してナメているわけではない

R.I.S.E.プロモーションhttp://www.rise-promotion.com/
FULLCAST PRESENTS R.I.S.E. FLASH to CRUSH TOURNAMENT '06
2006年6月25日(日) ディファ有明

70kg契約
須藤信充(team SUDO)
尾崎圭司(チームドラゴン)



対する尾崎圭司選手も上を目指している選手、共に
ワンステップ上がりたいと思う気持ちは同じ

個人的には須藤選手をK-1のリングで観たい気持ちは
あるが、まだまだ中量級には国内にもいるのだ
楽しみな一戦


魔裟斗:SILVER WOLF
小比類巻貴之:THE KIDS AREN'T ALRIGHT

アンディ・サワー:VOODOO PEOPLE
ヴァージル・カラコダ:Con Poder

アルバート・クラウス:Eye of the Tiger
ドラゴ:Maria

ブアカーオ・ポー・プラムック:Let's Get It Started
佐藤嘉洋:Movement 1 from MYTHODEA

FEG選手入場曲



広告松本駅前のホテル:ビジネス、出張、観光に


さらにドン、続きも読んでね
posted by DJ格闘放送室 at 16:55| Comment(0) | TrackBack(1) | MAX NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。